本文へスキップ

                            歴史のかたちに未来が映る

 人が手を使い、火を使い、自然を素材として作り続けて今にいたる焼物。それは、長い歴史を持つ人類の文化遺産です。わたしたちの沖縄でも、人々は周辺地域と交流しながら、自然に親しむ暮らしの中で焼物の文化を育ててきました。焼物の歴史をたどると、時代の求めに応じながらさまざまに変化してきたことがよくわかります。
 そのようすを、沖縄の焼物を支え、リードしてきた壺屋と壺屋焼を中心に描くのが、わたしたちの博物館の展示テーマです。この展示を壺屋のまち並みにつなげていただき、壺屋焼と沖縄の焼物のこれからを考えていただければ幸いです


※駐車場利用についてのお知らせ

2018年4月1日(日)から駐車場のご利用ができなくなりました。
お車でのお越しの際は近隣の民間有料駐車場をご利用ください。

 展示会 EXHIBITION

次回の展示会









 
宮城忍漆喰シーサー展
『遊と造形V』

→詳細はこちらから

貸しギャラリー利用


 
貸しギャラリーのご案内

→詳細はこちらから

  イベント EVENT

          常設展ギャラリートークのお知らせ
           ■日時:1月19日(日)10時〜 ※1時間程度
 第9回目は「壺屋焼の製法・技法〜荒焼編〜」と題し、荒焼(アラヤチ)と呼ばれる、主に壺や甕などが作られた壺屋焼の種類について、その製法・技法を、映像や作品を通して紹介いたします。今年度は全10回をリレー方式で開催し、毎回受講することで沖縄の焼物の歴史を順を追って学ぶことができます。
                                       →詳細はこちらから

那覇市立壺屋焼物博物館

〒902-0065
沖縄県那覇市壺屋1丁目9番32号
TEL.098-862-3761
FAX.098-862-3762
Email:
C-TUBOYA001@city.naha.lg.jp





1階エントランスホールにて
Free Wi-Fiが使えます





常設展示 音声ガイド機器
無料貸出

スマートフォン版