那覇市役所公式ホームページ
那覇市の博物館
那覇まちまーい
那覇市立壺屋焼物博物館






那覇市立壺屋焼物博物館

なはしりつつぼややきものはくぶつかん

開館時間

午前10時 〜 午後6時 (入館は午後5時30分まで)
休 館 日
月曜日・年末年始
12/28〜1/4)
※ただし、月曜日が国民の祝日に当たる場合は開館します。
※その他、資料整理に伴う臨時休館日があります。

 
  地   図  
こちらをクリックしてください(別窓で開きます)

交通案内
モノレール牧志駅から徒歩12分

壺屋バス停から徒歩5分

開南バス停から徒歩5分

三越前バス停から徒歩7分

牧志公設市場から徒歩

那覇空港からタクシーの場合 通常20分程度(混雑時はその限り
 ではありません)


駐 車 場
博物館左手に駐車場があります(3台利用可能:無料)

満車の場合は、お近くの民間駐車場をご利用ください(有料)


常設展観覧料
(常設展示は1階と2階になります)
観覧料 一般 高校・大学生 中学生以下
個 人 ¥315 ¥210 ¥105
団 体 ¥252 ¥168 ¥84
■団体は、20名以上です。
■沖縄都市モノレール1日フリー乗車券(有効期限内)を提示されたお客様は、
  覧料が2割引
(団体料金と同額)になります!
■那覇市内の幼、小、中、高生は観覧料が無料で見学できます!壺屋焼についてじっく
  り学んでみませんか?
当ホームページに含まれる文章・画像の無断転載を禁じます。
Copyright 2004 naha municipal Tsuboya Pottery Museum

〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋 1−9−32  那覇市立壺屋焼物博物館

壺屋の町 イベントニュース


メニュー 最新情報
トップページ
サイトマップ
利用案内
展示会
キッズページ
友の会
English
 刊行物

那覇市立 壺屋焼物博物館
(那覇市) の口コミ


調べ学習のページ
壺屋焼物博物館
ギャラリートーク
当館学芸員が常設展示の解説案内を行います(約1時間ほど)。
5月は壺屋焼物博物館1階受付前に
午前10時に集合(申込不要)
料金入館料必要となります。
■2014年 5月18日(日)
■2014年 6月15日(日)
■2014年 7月20日(日)
■2014年 8月17日(日)
■2014年 9月21日(日)
■2014年10月19日(日)
■2014年11月16日(日)
■2014年12月21日(日)
■2015年 1月18日(日)
■2015年 2月15日(日)

那覇市立壺屋焼物博物館 TEL:098-862-3761 http://www.edu.city.naha.okinawa.jp/tsuboya/1info-k.htm


下記の内容は変更することがございます。詳しくは博物館までお問い合わせください。

お知らせ


展示会
修復完了報告展 
石厨子〜門上秀叡・千恵子コレクション〜
■2014年4月26日(土)〜5月6日(火)
那覇市立壺屋焼物博物館は昨年、弘治五年(1492年)という非常に古い年号が刻まれた石製の厨子(沖縄の骨壺)を新たに収蔵いたしました。この厨子は大きく破損していましたが、本年3月に修復が完了しました。修復が完了した報告とともに、当館が収蔵する石製の厨子を展示公開する企画展を開催いたします。
【主 催】那覇市立壺屋焼物博物館   【観覧料】無料


展示会
壺屋のシーサー陶工展
■2014年4月3日(木)〜4月20日(日)
第13回「壺屋でシーサーの日!」にあわせて県内陶工のシーサーが大集合!ベテランから若手まで、各窯元自慢のシーサーが皆さんをお出迎えいたします。この機会にお気に入りのシーサー探してみてはいかがでしょうか。
【主 催】那覇市立壺屋焼物博物館   【観覧料】無料


イベント
2014年 協働のまちづくりin壺屋
第13回 「壺屋でシーサーの日!」 

■2014年4月3日(木)開催
4月3日は壺屋焼物博物館・無料開館です
焼物で有名な那覇市壺屋地域を中心に、4月3日(シーサーの日)を記念して行われるイベント!壺屋やちむん通り会各店舗でシーサーなどの割引販売が行われる他、やちむんシーサー作り体験教室(有料)や壺屋まーい、壺屋のシーサーめぐりなど魅了的なイベントが目白押しです!シーサーの日を通して壺屋地域・壺屋焼の魅力を体感してみませんか?
【主 催】「壺屋でシーサーの日!」実行委員会



展示会
茶の陶器展
■2014年3月12日(水)〜3月23日(日)
那覇市立壺屋焼物博物館が所蔵する飲茶道具を展示します。人間国宝作家による茶陶が集められたK&Kコレクションや、沖縄県外・国外の陶磁器が収集された上神亮治コレクションから煎茶道具などを選び展示します。
【主 催】那覇市立壺屋焼物博物館   【観覧料】無料



展示会
城岳幼稚園シーサー展
■2014年3月1日(土)〜3月9日(日)
城岳幼稚園の園児が作った面シーサーを展示いたします。園児たちの個性あふれる作品をぜひご覧ください。
※最終日は午後4時までとなっております。
【主 催】城岳幼稚園   【観覧料】無料



展示会
共生展
■2013年11月26日(火)〜12月1日(日)
心筋梗塞で一度は死んだはずの西平まじる氏が琉球からイノチのメッセージをたずさえて「転生展」をしてから早5年。世の中にもっともっとイノチのメッセージを伝えようと、生も死も男も女も老いも若きも赤ん坊まで、そして昨日も今日も明日もぜーんぶとけているようなイノチのすごさを共通テーマに、西平まじる氏と若き表現者らが「共生展」を開催します。また、転生展に参加した有名大御所アーティストもゲスト参加で盛り上げます。

【主 催】まじるハウス・チームニマ   【観覧料】無料

展示会
Okinawa Blue&White〜沖縄が愛した青と白〜
■2013年10月11日(金)〜11月17日(日)
白い肌に青い釉薬で模様が描かれた陶磁器は、「青花」や「染付け」、「Blue and white porcelain」と呼ばれ、世界中で愛されてきました。琉球王国時代末期から壺屋焼でも青い釉薬が使われるようになります。白い化粧土の上の青は、現在では多くの焼物に使われ、沖縄陶器を代表する色となっています。本展では、琉球王国時代末期の最初期の青い釉薬から現代作家の作品まで、白い化粧土と青い釉薬をテーマに優れた作品を展示公開し、その歴史や美意識をご紹介いたします。

担当学芸員によるギャラリートーク
10月12日(土)午後2時
11月 3日(日)午後2時
11月 4日(月)午後2時
1時間程度

タイルに絵付け体験
絵付けを体験してみよう
10月27日(日)
11月10日(日)
随時受付・参加無料

【主 催】那覇市立壺屋焼物博物館   【観覧料】
無料


展示会
神原幼稚園作品展示会
■2013年9月17日(火)〜9月24日(火)
神原幼稚園の園児たちが元気いっぱいに作った焼物(お皿)を展示します。子供たちの笑顔あふれる作品をご覧ください。
【主 催】那覇市立神原幼稚園   【観覧料】
無料
※最終日は午後4時までの展示となっております。


展示会
ハイサイ壺屋焼〜ヤチムン大発見!〜
■2013年8月20日(火)〜9月8日(日)
ヤチムン(焼物)って何だろう?壺屋焼ってどんなもの?どうやって作っているの?壺屋焼を作る陶工さんの仕事ってどんなもの?そもそも壺屋ってどんな場所なんだろう?…。そんな数々の疑問について学べるのがこの企画展です!小中学生にもわかりやすい内容なので夏休みの自由研究や壺屋焼の入門編としてぴったりです。まだご覧になられていない方は新しい発見があるはず!ぜひご観覧ください。
※企画展開催期間中の土日は、壺屋焼の技法のひとつ「赤絵」を体験できる「赤絵体験〜ミニタイルに絵を描こう!〜」を実施します。申し込み、費用等は不要です。ぜひご参加ください。(8月24・25日、8月31日・9月1日、9月7日・8日の10時〜16時半の間実施。)
【主 催】壺屋焼物博物館   【観覧料】
無料


展示会
現代沖縄陶工展「和田伸政 茶陶展」
〜茶の湯とやきもの〜

■2013年7月27日(土)〜8月11日(日)
和田伸政氏は三重県の生まれ。多摩美術大学で建築を学び、その後3年間をアメリカで過ごし建築家パオロ・ソレリのアーコサンティプロジェクトに参加しました。そこでネイティブアメリカン(アナサジ族)の陶器に触発され陶芸を始めます。帰国後、遠州流の職方であった清水楽山の孫、陶芸家・清水日呂志氏のもとで茶陶を学び、2006年からは沖縄県に移住。本部町山里に登り窯を作り、名護岳山麓の土を使用した作品を製作しています。本展示会では、室町時代中期に「寂」という確かな美意識を礎にして始まった茶の湯の世界を表現いたします。
【主 催】壺屋焼物博物館   【観覧料】
無料


展示会
川尻洋一 追悼展

■2013年6月25日(火)〜7月15日(日)
本年3月に急逝した陶芸家・川尻洋一氏の追悼展を開催します。川尻洋一氏は読谷村でパカラナ窯をひらき、器やオブジェを製作していました。彼が残した遺作を展示します。現在進行形の沖縄の陶芸の一端をご覧いただければ幸いです。
【主 催】壺屋焼物博物館   【観覧料】
無料


展示会
第10回ユッカヌヒーアート展

■2013年6月11日(火)〜6月16日(土)
県内で活躍する様々なジャンルのクリエーターたちが、沖縄の昔ながらの子どもの日・ユッカヌヒー(旧暦5月4日)にちなんで、子どもが見て楽しめる、そして大人が見てもおもしろい、そんな作品を大集合させます。最終日はイベントも開催予定です!ぜひご家族でご観覧ください。
【主 催】豊永盛人   【観覧料】
無料


展示会
鯉江良二・國吉清尚・Toshiko Takaezu

■2013年5月14日(火)〜6月2日(日)
現代陶芸を代表する陶芸家・鯉江良二(愛知)、國吉清尚(沖縄)、Toshiko Takaezu(アメリカ)の収蔵作品展を開催いたします。国内外で高い評価を得る三者の「現代陶芸の世界」をご堪能下さい。
【主 催】壺屋焼物博物館   【観覧料】
無料


展示会
西大学院炎への挑戦 18年の軌跡展

■2013年4月30日(火)〜5月5日(日)
西大学院は、「強くて美しく優しい女性」「私はできるといえる女性」に育てることを教育目標に、女性自身が人生を考え、自分にふさわしい生き方をみつけるための学校です。その西大学院の生徒(1期生〜18期生)が、陶芸の授業を通して制作した茶道具やシーサーなどの作品を展示いたします。炎へ挑戦した18年の活動の軌跡をご覧下さい。
【主 催】西大学院  【観覧料】無料



イベント
2013年 協働のまちづくりin壺屋
第12回 「壺屋でシーサーの日!」 

■2013年4月3日(水)開催
4月3日は壺屋焼物博物館・無料開館です

焼物で有名な那覇市壺屋地域を中心に、4月3日(シーサーの日)を記念して行われるイベント!壺屋やちむん通り会各店舗でシーサーなどの割引販売が行われる他、やちむんシーサー作り体験教室(有料)や壺屋まーい、壺屋のシーサーめぐりなど魅了的なイベントが目白押しです!シーサーの日を通して壺屋地域・壺屋焼の魅力を体感してみませんか?
【主 催】「壺屋でシーサーの日!」実行委員会


展示会
壺屋のシーサー陶工展

■2013年4月3日(水)〜4月14日(日)
第12回「壺屋でシーサーの日!」にあわせて、県内壺屋焼陶工のシーサーが大集合。各窯元自慢のシーサーが皆さんを出迎えます。ベテランから若手まで、沖縄県内でシーサーを作る陶工・陶芸家の作品が集まります。この機会にお気に入りのシーサー探してみてはいかがでしょうか。
【主 催】那覇市立壺屋焼物博物館
【観覧料】
無料


電子書籍のご案内
那覇市立壺屋焼物博物館の常設展ガイドブック(英語版)です。
Tsuboya Pottery Museum Guidebook of the permanent Exhibition on E-book.



過去の活動報告についてはこちらです→